自分の終活を考えてみよう

終活を考える時に思い浮かぶのはやはり、自分の葬式です。家族に迷惑の掛からない葬式のやり方を考えてみましょう。また、生前整理を行うことで、遺産についても考えることができます。

終活を行う際には柏原での葬式プランや生前整理を検討しよう

合掌

葬式の見積りをきちんと立てる

葬式で一番頭を悩ませるのは、やはりお金になります。家族にはお金の面で面倒をかけたくないと考えても、葬式を上げるとなると、どうしてもかかわってきます。そのため、きちんとした見積もりを立てて、貯金をしておきましょう。

老人

生前契約を行っておくのもいい

柏原の葬儀屋などは、生前契約と呼ばれるプランを利用することで、生きている間に葬式のプランや、支払いを済ませることができます。そのため、自分自身で葬式のプロデュースを手がけるといってもいいかもしれません。

葬儀

人生のターニングポイントと考える老前整理

葬式のことや生前整理と違い、老前整理は事前に行うことができることです。しかし、自分が歳を取ると考えてなかなか手をつけずらいです。そんな時は、老前整理を人生のターニングポイントとして考えることで、新しい自分計画を立てることが出来ます。

生前整理をプロに任せた人たちの声

葬式

終活と思って依頼した

自分の老い先を考えて、生前整理をと思っていましたが、思うように体が動かなかったので業者へお願いしました。1つ1つ丁寧に行ってくれたのは、ありがたかったです。

なくしたと思っていた書類が見つかった

1人ではどうしても整理できなくて、プロの人にお願いしました。必要なものと不要なものを分けていたら、なくしたと思っていた書類が出てきてびっくり!大切からと隠していたのを忘れていたみたいです。

大切な人との思い出を整理

旦那に先に旅立たれ、自分もそろそろかなと思っているのですが、旦那との思い出がある品が多くて1人では整理ができませんでした。プロの人の手を借りながら、終わらせることができました。

買取も行ってくれたのが嬉しい

若い頃に多くのものを買ったために、たくさんの物が溢れていました。子供にあげようと思ったのですが、趣味が合わないと言われてたので処分しようとしたら、買取れると言われて驚きました。

生前整理は思い出を紐解くこと

多くのものを処分する意味がある生前整理ですが、そこには、家族との思い出を紐解くための意味もあります。そのため、1人で行うのもいいですが、家族と行うのもいいかもしれません。

生前整理が行われる理由を順位付け

ダンボール
no.1

遺産相続などのトラブルを防ぐ

遺産整理になると、いざ相続ができる品が出てきた時、家族の喧嘩の元になってしまいます。そういったトラブルを防ぐために、生前整理を行うことで、渡す相手を決めることができます。

no.2

残される家族の負担を減らす

家族は、葬式などの手続きで大忙しの中、遺品整理などを行わなくてはいけません。そういった負担を減らす目的に、生前整理を行います。

no.3

自分の大切なものを仕分ける

遺品整理になってしまうと、自分が大切と思っていたものも、不用品と言われてしまうことがあります。そういったことを防ぐために、仕分けを行うことが大切です。

広告募集中