生前整理で自分の周りをスッキリとさせよう

生前整理を行って周りをスッキリさせよう

自分にもそろそろお迎えがくるのかと感じる時期があります。そんな時に、考えてしまうのが、自分が残していく荷物です。全て処分されるのもなと考えるのなら、生前整理を行うことで、スッキリさせてみましょう。

生前整理が行われる理由をランキング

ダンボール
no.1

家族のトラブルを防ぐため

残される家族に少しでも遺産を残す際、生前整理を行なっておくことで、トラブルを防ぐことができます。誰に何を渡したいかは、自分にしかわからないことです。

no.2

思い出をきちんと分けておきたい

遺品整理になってしまうと、自分が思い出と思っているものも、不用品として扱われてしまうことがあります。自薦に整理することで、それを分けることができます。

no.3

残される家族への負担を減らす

遺品整理になると、残された家族には大きな負担となってしまいます。事前に行なっておくことで、家族への負担を減らすことができます。

no.4

思い出を見つめ直すことができる

生前整理を行うことで、昔の思い出などを思い出すことがあります。いい思い出も悪い思い出も、人間には大切なことと言われています。

no.5

整理することで残りの人生プランをたてられる

整理をすることで、今後必要かそうでないかを決めることができます。それによって、残りの人生をどのように生きるかのプランを立てるキッカケになります。

生前整理で自分の周りをスッキリとさせよう

作業員と老人

生前整理を行うことで必要な書類も整理できる

土地の権利書など何かで提示するわけでもなく、引き出しなどに眠らせている書類でも自分の死後は家族が引き継いでいきます。そのため、大切な書類などの整理をして、場所をきちんと知っておくことも大切なことです。

作業員

1人では大変なことはプロにお任せ

大きな荷物などになると、高齢者1人ではどうしても難しくなってしまいます。そんな時は、生前整理のプロにお願いしましょう。そうすることで、時間をかけることもなく、整理することができます。

和室

生前整理はけして悪いことではない

多くの人が、死ぬ前の片付けのようなイメージを持っている生前整理ですが、そんな暗いものではありません。自分の今と向き合うことで、残りの人生を見つめる手助けになります。また、懐かしい思い出を思い出すこともできます。

子供や孫と行うのもいい

1人で生前整理を行うのもいいかもしれませんが、家族で思い出を共有することもできます。家族との思い出を思い出し、子や孫へ引き継いでもらうのも、素敵なことです。

広告募集中